アミノ基について

アンモニア、第一級あるいは第二級アミンから水素を除去した1価の官能基 (-NH2, -NHR, -NRR') をアミノ基と呼称します。芳香環上(環状不飽和有機化合物)に置換すると電子供与基としての性質を示します。     
 
体内のアミノ基は全てグルタミン酸とアスパラギン酸に集められ、ミトコンドリア内に送り込まれます(グルタミン酸とアスパラギン酸はミトコンドリア内膜を通れる)。グルタミン酸はミトコンドリアにおいて、グルタミン酸デヒトロゲナーゼによって酸化的にだつアミノ化され、α-ケトルタル酸になります。α-ケトグルタル酸はTCA回路(クエン酸回路)の一員であって、遊離したアンモニアは尿素回路によって、直ちに尿素に変換されます。 
上記のことから、遊離アミノ基を摂取することにより、アミノ酸酵素の生合成をスムーズにし、肝臓の働きで分解されるべきアミノ基を稼働させる事無く血中に送り出すことが出来るため、肝臓の負担が軽くなります。またTCA回路の代謝を促進し、老化のスピードを遅らせる事が出来、必要な体内酵素の生成に迅速に対応、機能維持が長く保たれます。 

アミノーラとは

アミノ酸はアミノ基(NH2)とカルボキシル基(COOH)を有する化合物です。
そして、アミノ基(NH2)とカルボキシル基(COOH)が同一の炭素原子に付いているものを、アルファーアミ ノ酸と呼び、アミノ基(NH2)が隣の炭素原子に順次移るに従ってベーター、ガンマアミノ酸と呼ばれます。 
アルファーアミノ酸はタンパク質の主要構成成分で、通常アミノ酸といえばこのアルファーアミノ酸のことを指します。 
 
20111219_1.png
 








上記の化学式はアミノ酸共通の化学式で、全体としては中性です。 
アミノ基(NH2)は体内に病原菌が入り細胞を破壊すると、細胞の修復に向けられます。タンパク質を多く有する食物を摂取すると、胃で消化され小腸に送られますが、この状態では小腸はタンパク質を吸収できませんので、さらに細かくアミノ酸レベルまで砕きます。 
 
chart_2.png
 










そして、小腸はアミノ酸を肝臓に送り出します。 
 
小腸から送り込まれたアミノ酸を肝臓は再度分解し、アミノ酸のパーツであるアミノ基(NH2)を分離します。肝臓はアミノ基とグルタミンやアスパ ラギンという遊離アミノ酸を血液に送り、血液に送り込まれたグルタミンやアスパラギンは全身を流れ、届けられます。更に必要とされる箇所で、アミノ基 (NH2)は組み立て直されて、別のアミノ酸や酵素に変化します。(酵素とは、人体の細胞の中で作られ触媒作用のあるタンパク質性の物質のことを言います) 
一方、使命を終えたアミノ酸は肝臓でアミノ基が分離され、次にアンモニアになり、尿素回路に入り尿素として排出されます。アミノーラの多量のアミノ基(NH2)は、アンモニア化する便の臭いを軽減する働きがあります。 
人体の約20%はアミノ酸で占められていますから、50キロの体重の人では約10キロがアミノ酸で、かなりのアミノ基が含まれています。 
 
病原菌が体内に入り込んだり、既に病状が悪化している患者、あるいは死亡した場合アミノ基(NH2)は破壊され始め、アンモニア(NH3)に変化 していきます。 尿素回路で尿に変えていきますが、その量が多い為悪臭がひどくなります。死骸から発生する悪臭は、代謝 機能が停止している為すべてアンモニ ア(NH3)なのです。特に、乳ガン、子宮ガンなど婦人病を患った患者の病室で悪臭が漂うのは、その悪臭が直接漏れ出しているからなのです。その臭いが、 悩ましい問題になっているのです。 
 
もともとアミノ酸は中性ですが、アミノ基(NH2)が破壊されると酸性のCOOHが残り、身体は酸性の体質へ向かいます。アミノ基は抗菌性が強く免疫力の基となっているので、破壊されると身体は病気になったり、病原菌に感染しやすくなります。 
 
アミノーラは、アミノ基(NH2)を大量に含んだ抽出液です。この溶液は小腸や肝臓の涙ぐましい働きを借りることなく、水に混入させて飲むだけで容易に血液内に溶け込み、人体の必要とする各諸機官・臓器に吸収され、健全な状態に保つ役割を果たします。 
 
水は、H2Oが結合してH2Oの集団となりますが、その集団をクラスターと言い、猛烈なスピードで変化している物質です。クラスターが小さければ小さいほどいろいろな物質の空間に進入出来るので、よく浸透するのは当然です。 従って、その水に薬を乗せてやれば細部によりスムーズに、より大量に薬を届けられる事となります。 同時に、細菌などの細胞膜から浸透して細菌を死滅させることが出来ます。 
 
アミノーラは、水のクラスターを極小化させます。 
そして、アミノーラに混入したアミノ基(NH2)を身体の細部まで浸透させる事になります。 その結果、脂肪細胞の脂質に入り込み、脂を変化させます。 このため、運動をしなくても体脂肪率が下がり始め、数ヵ月後には約2~5%程度低下する事例が多く見受けられます。また2,000ccの水から10ccの水を抜き取り、抜き取った10cc の水の代わりにアミノーラ10ccを入れます。この2,000ccの水 を保健所で検査した結果、過マンガン酸カリ消費量が5でした。飲料水は10以下でなければならないので、この点からもアミノーラが飲料水として認められたということが言えます。

アミノ基の効果

アミノ基を直接接種する効果は様々です。 その多岐に亘る具体的範囲をご確認ください。 
 
体内におけるアミノ酸の作用とは 
1.タンパク質の合成・酸素・ホルモンなどの生体成分の材料 
・成人1日のタンパク質代謝量は、食べ物から摂る量の3倍 
・体内にあるタンパク質の分解合成がはるかに多い 
・タンパク質にならないアミノ酸を遊離アミノ酸という 
・生体の栄養要求の第一はエネルギーなので、摂取タンパクが少ないと遊離アミノ酸はエネルギーになり、タンパク質合成が不十分となる 
 
2.アミノ酸とアミノ酸が変化した物質の働きについて 
・アスパラギン酸やグルタミン酸、グリシン、タウリンなどはそのままで神経伝達物質あるいは神経機能調節物質として作用する 
・分解されたアミノ酸のアミノ基は別のアミノ酸や酵素を構成し、その片割れのα-ケト酸はエネルギーに変換される 
 
3.尿素となって排泄 
・アミノ酸やタンパク質は、脂質や糖質と異なり、体内で貯蔵されない 
・余ったアミノ酸は分解され、アミノ基はアンモニアとなり、さらに尿素に変換され排出される 
 
4.体内における遊離アミノ酸 
・タンパク質を構成するアミノ酸の0,5%が遊離アミノ酸 
・遊離アミノ酸の中で、アラニン、グルタミン酸、グルタミン、グリシンの4つで約80% 
・血中遊離アミノ酸は2~3%で、臓器相関の仲介をしており、アラニンとグルタミンは窒素運搬体として重要である 
 
5.脳神経系に存在する遊離アミノ酸の働き 
・脳関門を通過できる遊離アミノ酸は、グルタミン酸、アスパラギン酸でこれを元に必要なγ-アミノ酪酸(GAVA)を生合成できる 
 
6.アミノ酸の仲間 
・アミノ酸を構成するカルボキシル基(-COOH)の代わりに、スルホン基(-SO3H)がついたタウリンもアミノ酸に含めることが多い 
 
7.肉の遊離アミノ酸と美味しさとの関係 
【鶏肉の遊離アミノ酸】(100g当り) 
・タウリン(203mg)、グルタミン(39mg)、アラニン(20mg)、グルタミン酸(15mg)、セリン(10mg)、ジペプチドのアンセリン(306mg)、カルノシン(71mg)が含まれており、特にタウリンが肥育日数と共に増加する傾向がある。タウリンの量を増やすことが、良い鶏肉とな る。 

【豚肉の遊離アミノ酸】(100g当り) 
・グルタミン(42mg)、タウリン(31mg)、ジペプチドであるカルノシン(402mg)、アンセリン(14mg) 

【牛肉の遊離アミノ酸】(100g当り) 
・グルタミン(78mg)、タウリン(48mg)、アラニン(31mg)、ジペプチドであるアンセリン(61mg)、カルノシン(110mg) 
一般的に、屠殺後熟成により遊離アミノ酸が数倍に増え、旨みが増すという認識で一致している。蓄肉の種類を問わず、多い遊離アミノ酸がグルタミンで、脱アミドするとグルタミン酸に変わり、旨み成分に変化する。 
 
8.遊離アミノ基の行方について 
・アミノ基は全てグルタミン酸とアスパラギン酸に集められ、ミトコンドリア内に送り込まれる(アスパラギン酸とグルタミン酸はミトコンドリア内 膜を通れる)。グルタミン酸はミトコンドリアにおいて、グルタミン酸デヒドロゲナーゼによって酸化的に脱アミノ化され、α-ケトグルル酸になる。α-ケ トグルタル酸はTCA回路(クエン酸回路)の一員である。遊離したアンモニアは尿素回路によって、直ちに尿素に変換される。 
 
【結論】 
遊離アミノ基を摂取することにより、アミノ酸や酵素の生合成をスムーズにし、本来肝臓の働きで分解されるアミノ基を稼動させることなく血中に送り出せるため、肝臓の負担が軽くなります。 またTCA回路の代謝を促進し、老化のスピードを遅らせ、必要な体内酵素の生成に迅速に対応するため、機能維持が長く保たれます。体は常に窒素(N)を要求しており、その表れが食欲になります。 
またアミノ基は窒素を含むため、体力維持にも役立ちます。 蓄肉飼育においては、飼料から摂る窒素を水から得られるため、飼育期間の短縮や飼料の減量になります。 
また人間と同様、動物の肝臓機能を強くし、 病気にかかる確率を低くし、高たんぱくな乳を出させることも可能になります。さらにグルタミン酸を増やし、旨み成分を増すとともに、柔らかい肉質の出荷が可能になります。 

アミノ基抽出方法

オバマ大統領が誕生した歴史的な夜に、もう一つの歴史的な偉業がなされました。 
 
従来の科学的見解を覆す発見が、この程なされました。 
それは、抽出したアミノ基の存在証明に成功したのです。 
 
体脂肪の改善から防臭まで効果のあるアミノ基体脂肪や血糖の改善、抗菌、防臭・悪臭の除去に対して、非常に高い効果を示すアミノ基。そのアミノ基は、アミノ酸の構成官能基で、代謝で重要な働きをします。従来の医学的・化学的見解では、『アミノ基は転移により非必須アミノ酸や酵素になり、遊離して単独で存在することはない』というのが通説でした。 実際、物質を検査するクロマトグラフィーなどで検出を試行 しても、アミノ酸は検出されるものの、イオン化しているアミノ基を検出することは非常に困難です。また現代の科学では、そもそもアミノ基が単独で水中に存在するという認識も発想もありません。従って、アミノ基のみを体内ではない外部から摂取するという発想そのものがありませんでした。私達は、今ここに抽出したアミノ基(NH2)を水に溶かし込み、アミノ基水溶液を作ることに成功致しました。 
 
私たちはアミノ基水溶液を用意し、その存在を実験により証明致しました。卵白水溶液にニンヒドリン水溶液を数滴加えて加熱すると、赤紫色に変化します。これをニンヒドリン反応といい、卵白中のたんぱく質、つまりアミノ酸の中のアミノ基が反応していることを意味します。ニンヒドリン反応は、アミノ酸により青紫色から赤紫色に変化します。一部に薄紫色に変化するものが現れるため「これはアミノ酸のアミノ基に反応したものに過ぎず、単独のアミノ基のみに反応したことにはならない」と考える方もいらっしゃいますが・・・是非この液体を、いずれかの研究所で分析してみてください。結果として、アミノ酸は検出されません。つまり、この変色反応はアミノ基に対して発生したものと言えるのです。 

アミノ基の特徴

アミノ酸の共通パーツであるアミノ基は単独で遊離しているという発想は今までありませんでした。このアミノ基は肝臓でアミノ酸が分解されるときに切り離され、別のアミノ酸を組み立てるパーツとして使われるので、遊離アミン酸が血中に流れても、遊離アミノ基はないと思われていたのです。 
この度、遊離アミノ基水溶液ができたことで、次のような効果効用が期待できます。 
 
1.アミノ基はグルタミン酸に集められる性質から、体内でのグルタミン酸生成量が格段に増える 
※家畜の水として使えば、肉の旨み成分が増え、肉質がよくなる。 
2.遊離アミノ基は制菌力が強く、腐敗菌等悪玉菌を制菌する。 
※食品の煮炊きに使用すれば、消費期限が延ばせロスが減る。 
3.遊離アミノ基は消臭作用があるので、臭いを軽減。 
※酸性物質のにおいを中和するため、体臭、口臭、便臭の軽減が顕著になる。 
4.遊離アミノ基はアンモニアが尿素回路に入る効率を高めるため、解毒を促進する。 肝臓で行っている解毒作用を、遊離アミノ基が増加することにより、より早くできる。 
5.遊離アミノ基溶液をミネラルウォーターに添加しても食品衛生法の26項目検査で飲用適となり、安全性が確認されました。 
※ニンヒドリン反応を示す遊離アミノ基溶液が水道法の飲用適であることは、アミノ基以外のアミノ酸やタンパク質、アミン化合物が含まれていないことを意味します。 
cell_url.png